福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

先日、たまたま「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見てましたら、山の中で予約殺到のパン屋さんのお話でした。

大阪の都心で1日の売り上げが100万(だったかな?)超えるパン屋さんを自ら作り上げたが、「作りたいパンが作れない」もどかしさに、全国紙で日本一のパン屋と評された人気絶頂時に突如閉店。3年後山中にて自分の作りたいパンを作るために開店。

本物にこだわり、小麦の味わいや素材の良さを引出していく方針の中で「まだまだ、お前はもっと美味いパンになるねん」と、根拠はなくても思いながら毎日毎日試行錯誤していく信念に胸を打たれました。

「まだまだ、お前(一人ひとりの生徒さん)はもっといい点とるねん、勉強上手になっていくねん、学力付けていくねん、俺たちはそう思ってんねん」