福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

勉強していて一口に「わからない」といっても、様々な「わからない」があります。

一番厄介なのは、「解くのが面倒そうだ」「やりたくない」を言いたくなくて「わからん」であり、次に厄介なのは「手もつけてない」うちから(どうせ)「わからん」です。

その「わからん」に対して、「なるほど、わからんものはしょうがないなあ」とこちらが納得してしまってはダメです。

普通の個別指導でありがちなのは、「わかりそう」なところしかそもそも本人がやりたがらず、そのため「わかりそう」な問題が「わかる」ことを確認しているだけで、その結果×の問題が○になることはなく、また、「わかる」かどうかに本人も親御さんも(場合によっては講師も)重点があるので「できる」「定着する」に重きをおいていない場合、本来できるはずの問題もできなくなり、結果、力が落ちることも十分ありえます。

その点、手前味噌ですが、ショウイン式では、しっかりと自分でとりくみ考え、ミスをなくし、また、手を動かしていくメソッドがあり、それを確立できた方から成績・学力が向上します。