ワークは一通りやって期限までに出せばいい、と思っている子と、

ワークはできれば3回は最低やっておきたい、と思っている子は、

どちらが1回目から集中するでしょうか??

つまり、回数を意識したことで、「早く、効率的にやらないといけない」モードになり、さらに「3回以上やって確実にできるようになるんだと「目的意識」をもってやっています。

一方、前者の子の場合、多くのお子さんがダラダラと、社会のワークなら、たとえば教科書を開いて答えを探しながらうめていく(本来3回で習得するつもりなら、先に覚えてからやろう、となるはずです)、ダラダラやったことで、後半は間に合わず、答えを参考に(丸写しも)やったり答えがなければ「友達と勉強」と称してワークの答え写しあいをしています。昔なら、丸写しとわからないように生徒も工夫していたものですし、割と答えを渡さない学校も多かったのですが(これはこれで賛否両論で難しいところ)、最近は割と早めに答えが渡されているようです。

これだけでも面倒くさがらず「一回やった問題は意味ない」などと言わず、繰り返すことの重要性がよくわかると思います。一回目から雲泥の差なのです。