福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

勉強の成果はどうしてもすんなりとあがっていきません。ですが、あがることを信じて粘り強く取り組む必要があります。

そんなとき、「見える化」が有効です。

たとえば、ボールペンで学習し、使ったボールペンを捨てずにためて、「ああ、こんなにやったんだな」と思う。

たとえば、音読した英文にはそのたびに好きな印鑑を押す

たとえば、セールスマンみたいに、やった問題数をグラフにシール貼って書き出すとか

たとえば、机の左にやるべき課題おいて、終わったものは右に置くとか

たとえば、やり終わったプリントや参考書や問題集や教科書は捨てずに部屋の隅に積んでいくとか

見える化することで、①自信になる、②そのこと自体が目的になり、勉強自体が苦痛ではなくなる(貯金好きな人と同じです、本来はほとんどの人が使いたいけど、我慢していますが、貯めだすとそれ自体がうれしくて、どんどん貯まり加速がつきます)、③逆に片づけるべきことはほかにないか、他に見える化はできないか?とターゲットを貪欲に探すようになり実際の成果に結びつきやすくなります、④毎日やるようになり定着します

コツは、あまり大がかりにしないことと、すでに今もやっているかな?できそうかな?ということに絞ることです。

ショウイン式だと、個人にコインとかムーンストーンとか称号や学習の履歴と進み具合の表が出てきますので、それが「見える化」ですね

文責:NONAKA