福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

本来は、勉強を通じて社会人としてやっていけるように鍛えていくので、勉強のことを言い続けて、結果、勉強は駄目でも総合的に伸びればよかったのです。しかし、今では、部活動なら最悪辞めても次があるし、支障はないですが、勉強は辞めてしまうと後戻りできないですから、大学進学があたりまえになりつつある時代においては、逆に部活動やその他の活動で鍛える、という方がいいようです。

さて、Aさせたいなら、NOT Aと言おう、となっていることが多いので、ご注意ください。

「あんた、そんなに勉強せんなら、塾もやめてよか。そして高校いかんで働き!」とか、「公立落ちたなら、高校いかさんけん」とか、「もうよかよ、そんなら。もうよか。」(私も生粋の博多っ子ですが博多の人って「もうよか!」好きですよね「よかって言ったらもういいったい」みたいな)「あんた、大学やら行って何なると?」とか。いやー博多弁って時としてきついですよね(自戒も込めて)。

これらは、あまり多用しない方がいいと思います。特にお母さんVS男の子の場合は、絶対に逆効果だと思います。