成績のきわめていい子に共通しているのは、

決めたことは守る

たとえば、修学旅行で帰ってきた日にもその日が塾なら塾に来ます。へろへろで30分しか来れなくても、でも来る子が多いです。そういう子は、大体の子がトップ高校に通ります。場合によっては、旅行鞄のまんま来たりするときもあります。

修学旅行で疲れ果て、3日ぶりに帰ってきたわが子の話を聞きたいし、明日からの学校や部活を考えると休ませてあげたい、30分だけ行ってもあまり意味がないじゃないか、と親御さんが考え、一言でも「今日は休んだら?」と言ってしまうと、おそらく彼らでもほとんどが来れないでしょう。

実際、私自身、恥ずかしい話、塾は家庭で外食や外に出かけていて遅くなったりすると、「今日はもう休め」と父に言われてよく休んでいました。実際、しんどかったり、大幅な遅刻になったりするわけですから、休めと言われて「いや、それでもいく」「(自分一人のために)このまま塾まで送ってくれ」とはよう言わんかったです。