それは、丸暗記で機械式に練習しているからです。基礎の反復、練習も必要ですが、小学校のうちから公式を鵜呑みにしてただあてはめて解くだけ、文章題は「今回は分数のかけ算だから、かけておけばいいんだろう?」という考えで計算しているだけなのです。

例えば有名な速さの公式です。

『き・は・じ』 ・距離=速さ×時間 ・速さ=距離÷時間 ・時間=距離÷速さ

しかし、本当にここまで覚えなければならないのでしょうか?

・時速 → 1時間当あたりにすすむ距離のこと

・分速 → 1分間あたりにすすむ距離のこと

・秒速 → 1秒間あたりにすすむ距離のこと

これが『速さ』の意味です。 これが理解できているのであれば、以下のように考えれば式は作れます。

① 120㎞を2時間で走る車の速さ(時速)は? ≪考え方≫ 時速は1時間あたりに進む距離のことだから 1時間で120km÷2時間=60㎞進むことがわかる。よって答えは時速60㎞。

②  分速300mで走るバイクが5分間で進む道のりは? ≪考え方≫ 分速300mは1分間で300m進むということだから、 1分で300m、また次の1分で300m、そのつぎの1分も300m・・・ それを5分続けると、 300×5=1500m進むことができる。答えは1500m。

③  100mを秒速8mで走ると何秒かかる? ≪考え方≫ 秒速8mとは、1秒間に8m走れるということだから、 100m走るには、100÷8=12.5秒かかる。答えは12.5秒。

④ 秒速25m=時速?km ≪考え方≫ 秒速25mは、1秒間に25m走れるということ。 そのスピードで1時間走ればどのくらい走れるのかを考える。 1時間は何秒? 1時間=60分、1分=60秒だから、 1時間=60分=60秒×60回=3600秒。 よって25×3600=900000m=90㎞。よって答えは時速90km。

このように、意味を考えていけば、公式に頼らなくても式は作れるはずです。 公式にあてはめる作業は、確かに簡単です。 しかし、それでは本当の力とは言えません。 なぜその式、その答えになるのかを考える。 この『考える』ことこそが最も大切なことだと考えて指導していきます!

ショウイン式では、「自ら頭に汗をかき、ペンを取って進める学習」システムですが、さらに、忘れたかな、というころに前の単元にさかのぼった復習問題が出てくるのでそこで自ら式を読み考えなければいけないシステムになっているので、安心ですよ。

保護者の皆様へ 小学校の算数のテストは単元ごとに実施されます。 『分数の掛け算』の単元のテストであれば、 文章題が出題されていたとしても、掛け算を利用することがほとんど。 要するに理解できていないとしても、立式できる可能性があるのです。 算数は常に90点~100点だから大丈夫!とは言い切れません。 お子さまの宿題を見る機会がございましたら、 『その式はどういう意味かな?』と聞いてみてやってください。 そこですぐに『○○だから』と言えれば問題ないのですが、 そうでなければ『つまずきのサイン』です。