福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

「1分でもいいからやる」→1分でできることをやってみよう

大嫌いな科目ならノートを見る、進まない問題集なら1分だけやってみる、進まない作文・小論文なら1行だけ、もしくは1キーワードだけ書いてみる。

最初の5分が車で言う、エンジン起動になり、最も重たいものなんです。ですから、1速にギアを落とすように「1分」でいい、として、脳をだまして着手しましょう。それでだめならほかのものにまた「1分」やる。そうすると、人間は何かの拍子にやりだすと止まらなくなります。

「立ったり座ったり、手足を動かしたりしてみる」

どうしてもやる気ないなら、たとえば体操してから始める。ちなみに、ベッドなどで寝ころんで勉強してはいけない理由はありませんよ。知的専門家の多くはベッドで読み書き結構してます。「机にちゃんと座って背筋を正してやりなさい!やらないなら勉強しないで寝なさい!」と怒るのは逆効果ですよ~

「目標や今からやらないといけない理由を紙に書く、オア言ってみる」

この数学の問題集をやると力がついて志望大学に届く、だから頑張るんだぞ、と自分で自分に言うんです。自分の言葉は他人の言葉の40倍響くそうです。

文責:NONAKA