重要なことは「やるべきことはやるものだ」という意識です。その意味で、みんなが黙々と学習する塾の場にいることだけでも学力向上の第一歩といえます(というと、なんだかすごそうですが、うちの生徒の皆さんも初めは30分も集中できなかったところから頑張って伸びてきた子が大半です。)。また、ライバルに勝ちたいという思いも一人で学習するよりも効果が上がる理由です。

「勉強をやりたい」といったって、全教科を同じようにしかも誘惑を超えてずっと「やりたい」人はまずいません。だから、「やる気」を問題にしていると、いつまでも苦手は克服できません。

「やるべきことはやるものだ」「やらないと気が済まない」「手をつけてみる態勢」が、重要です。

そして、「やりたくはないが、やるべきものに(緊急でなくても)集中できること」これができないと、お仕事がそもそもはかどりません。塾に入り、「やるべきものに集中できる」ようになるということは一生の財産です。