一方、得意なお子さんは、5~10文字以上でしかも「フレーズごとに写している」

ここで、「理解して」「頭に入れて」「書けたかチェックして」「漢字などのミスがあれば直して」いるのだから、

差は一目瞭然です。