また、この英語の時間数を捻出する方法は、各小学校にある程度自由な裁量が与えられています。今でも福井県など小学校中学校英語に力を入れている都道府県もあれば、地区によって学校によっても取り組み方は違います(これは特に移行措置期間中は大きな差が出るでしょう。)。

では、この新しい体制下で英語を苦手にしないためにはどうすればいいか、と言いますと、

①家庭の早期教育や環境で乗り切る

②小3・小4・小5の先取りを小2の途中や小3の春休みから始める

③小5になって文字や文を書いたり作ったりする時点から今までで言う中1内容を始めさせる

の3つの方向があると思います。