気を付けてほしいのは、英会話がペラペラとできる人間を最終的に作ろうとしているわけではなく、

英語を使って論理的に物事をプレゼンしたり論理的に構想し表現する力を求めている、ということです。

ですので、まずは母国語である日本語での論理的思考力が求められると思います。英語が難化する中で英語早期教育ばかりに目が行きがちですが、英語をネイティブとする人の多くは、英会話力そのものよりも、①内容にその人(日本人なら日本人らしい)なりの深みがあるか、②論理的に構成・表現できるか、という点をしっかり見ているように感じています。その点で、英会話は達者でも日本のものごとについてほとんど知らず説明できない、相手に合わせてありきたりなあまり考えない解答ばかりして、その場に応じてコロコロ変わり、ズバリ何がその人のクレーム(主張)なのかわかりにくい人は国際社会では評価されないといえるでしょう。

やはりまずは母国語での国語力を鍛えること、また発信できる内容を持つこと、が優先だろうと思います。