福岡松陰塾箱崎校代表 NONAKAのブログ

そうしたコミュニケーションの仕方が特に現代では難しい理由がいくつかあります。

①ご両親ともに共働き、時代の変化も早く、「子供に任せているととても待っていられない。特にゆっくりしたタイプの男子だとイライラしてしまう」

②兄弟の数も少ない傾向にあり、どうしても孤立して子育てするご家庭が多いのに進学率があがっており、ネットなどの影響もあって「他の子と比べて焦ってしまう」

まずは任せる場面を増やさないと、いつまでも「ほら、こうしてああして、そうやって、ああ、もう遅いなあ」とご両親が世話し続けることになりますし、また、男の子は遅咲きの子が多いので、ある程度見守ることが必要ですね。