算数・数学の復習を春期講習では、扱っています。苦手な算数・数学の単元をクリアできて「苦手だったところをできるようになってうれしい。」というコメントをたくさんもらっています。

苦手科目も練習!!練習!!繰り返し練習していけば、あれ不思議、と解けるようになっています。

算数・数学だと、低学年では「時計と時間」「単位」、高学年では「割合」「図形」、新中1生は「正負の数の四則演算」「数学的な考え方」、新中2生は「一次方程式の応用問題」「立体図形」「資料と整理」、新中3生では「連立方程式の文章題」「一次関数」「確率」などを苦手とする人が多いです。英語なら新中1「英単語の覚え方」新中2「三単現のs」「下線部をたずねる疑問文にしなさい」、新中3「不定詞・動名詞」、国語なら「品詞分解」「古文」これらの重要単元について繰り返し解いてもらうことで、本人の間違いパターンを見つけていき、かなり苦手を克服できました。

みんな本当によくがんばっています。私も苦手なことを克服していかないと、と思わせられる春期講習ですね。