福岡松陰塾箱崎校 代表 NONAKAのブログ

大学受験生、それも医学部や難関大学を目指して小さいころから親御さんの叱咤激励のもと頑張ってきたお子さんによく見受けられるのですが、

主体性・興味・趣味がなく、ただ与えられる勉強をこなしてきた(逆にもちろん好きなことばかりやって浪人する子も多いのですが)んだなあ、という印象です。

例えば、

①よく英文に2001911って出てくるけど、これってなんですか??小論文で3.11が出てきても何の事だか気づかない、「黒人ってなんでアメリカに多いんですか?何が問題ですか??」「ヒトラーってなにした人でしたっけ?」「派遣社員って世界中に派遣されるんでしょ?かっこいいじゃないですか??」

などのちょっぴり痛い背景知識不足から

②(前も書きましたが)時間を40分なら40分と設定し「時間内にスピーディーに読む練習です。時間配分しましょうね。」と言っても、放っておくと、時計は見ていないわ、そもそも時計がないわ(こちらから用意されるのを待っている、なければわざわざ言いにいったりしない)、こんな調子で時間配分なんてとてもしないわ(配分の意味がわかってない、1問あたり何分なんて計算がそもそもない)、最後の1分と言っても「えっ??もうそんな時間??」とか言ったかと思えばそれでもマイペースでやり続けて、マークしていない問題がまだたくさん残っているのにマークもしないで鉛筆をおとなしく置くとか

といった、自分から主体的な管理・運営ができないなあ、とか。

こういう状態に陥っているということは、なかなかご家庭と本人からは見えにくいもので、学校も仮に見抜いている先生がいらしても、そこまではズバリと言ってくれません。

こうならないためにも、①自律・自立学習で、②わかる楽しみ・勉強が進む楽しさ・できることからの自信(学力は時間の差)を養い、③コーチングで目標を持って主体的に取り組む姿勢を高めて、学習してほしい、

そう思って私はショウイン式に理念に強く共鳴して当塾を始めました。