英語の勉強は竹を上に進むようなものです。

途中、途中に節があるんですよ。苦手というのは、この節をやぶれていないんですね。そんなに得意な子を見ても必死にやっているようには見えないものだから、「こんなに大変ならやーめた」とか「数学の方がとっつきやすい」とか言って、英語を苦手にしていきます。

ある一定のところまで、節をやぶれるまで頑張ることが大切です。特にゆとりのころと違って、今の教科書は特に中学校が1年生2学期くらいからどんどん補助輪なしで取り組ませようとしてくるので(昔なら習ったことしか出てこなかったが、今では割と気にせず知らないことも出てくる)、そこまでに節をやぶる経験がないと、今後も「もう少しで節をやぶれそう」ってところで、「もう無理だ!!」とあきらめてしまいます。

一度、節をやぶれば(単語の覚え方・音読・和訳・英文への慣れなど、英語の学習のコツ)、簡単に次の節は同じ厚さなので突破できます。

あまり英語を小学生で先取りしなかった生徒さんにとってはいきなりハードル=節が待っていますが、この先、この節はいつまでもついてくるし、逆にそれ以上むずかしくなることはありません(辞書と時間さえあれば中3生がセンター試験でいい得点とるのはそんなに難しいことではありません)。

※この点が、やればやるほど難解になり、やっとある程度終わったと思ったら、入試はさらに難しいなあ!という理系科目との違いです。数学は、ボスを倒したら、またさらに強いボス、倒したら地球一のボス、倒したら、さらに宇宙一のボス、、、、、という、まるでドラ○ン○ールみたいです。