英語を勉強しない、英語で勉強する。

ということは、英語はツールであると理解する、というこです。

今や、大学入試は実用的な英語運用力があるかを問う形になっています(一部例外もありますが)。英語を使いこなして、話す・書く・聞く・読むんだ、英米人の考え方を知って世界言語たる英語の力で世界と渡りあおうという意識で勉強している生徒と、中間・期末やっべえという意識で勉強する生徒さんで、雲泥の差になるのは当然ですね。