福岡松陰塾箱崎校代表NONAKAのブログ

先日、教室のメンバーがたまたま定期テストが終わった直後の中3だけになった時間帯があり、公立入試問題を使って和訳練習をしたのですが、大いに盛り上がりました。(あくまでショウイン式が大根本ですので、さらっと英語学習の刺激と生徒の4技能把握のためですが)

和訳をしてもらって、解説し、訳を書きとるだけではNO GOODです。様々な工夫をして多様な学力の子たちにとって必ず身になるようにしたのですが、

その1例をあげれば、

和訳した英文は、かならず英語を聞く→きいて和訳、和訳を聞いて英語を再現、という、読む・書く・話す・聞くという4技能を意識して再現(リプロデュース)をしてもらいます。

そうするなかで、英語力が骨となり、血となるように学習することが肝要です。

この作業と前から訳していくやり方が楽しかったのだろうな、と思っています。(短い時間でみんな最後はスラスラ暗誦していました。)

大学受験生で、「なぜか英語がやっているのに伸びないなあ」とお悩みの人はこの点をしっかり意識して勉強してみましょう。