ここまででお分かりのように、

中学校時代に、高校で差がつく内容、大学入試で問われる内容、英語の構造をなるべく崩さず正しい日本語表現を模索することを意識して学習しただけで

高校スタート時から既に大きな差がついているということになります。