わかっているアピールを周りの生徒にするくらいなら、やるべきことはいくらでもあります。先生が「塾の先生に習っているから大丈夫」という態度があからさまな生徒にいい評価をするのか、ちょっと考えてみましょう。

ただし、では、塾で先取りをしない方がいいのではないか、となるかもしれませんが、それはそうではありません。観点別評価といっても結局、主観的に評価されています。塾で先取りしておいて余裕を持っておき、そんなことは何も言わずに「先生の授業聞いてよくわかります。楽しいです。」という態度で積極的に発言し、どんどん問題を解きましょう。そのためには、さらに、授業中の疑問を先生に休み時間に職員室に戻る前に聞いてみましょう。質問したら、さすが各科目のプロ、という解答が返ってくるはずです。そこでまた、目を輝かせて質問に行く、と。

先取りをしなかった場合でも復習中心でいいではないか、となりそうですが、それは違います。「あ、あの子、あそこで基礎的なことに引っかかっていたな。苦労していたな。難しそうな顔をして聞いていたな。手が止まっていたな。」という印象が他の子に比べて観点別評価を下げてしまうことがあるのです(本人はいたって真剣に授業に取り組んでいるのですが)。

先取りで余裕をもって(特に数学と英語)、しかしそんな素振りは見せずに授業に積極的に参加しましょう!