「偏差値が上がらない。」

受験生ならばその原因の7割は気づかないうちに「過去半年以内に受けた模試で同じような問題を解けなかったり、同じようなミスや凡ミスを繰り返したり、同じところをあやふやだったり忘れていたりするためです」ことです。

といっても、模試がおわってすぐだと答案が帰ってきていないし、よほどのやる気満々でないときっちり忘れないうちに自主的にやり直しする生徒も少ないです(まして苦手科目や勉強苦手ならなおさら)。答案が返ってきたころにはすっかりどんな問題か忘れていて、1~2か月後の次の模試前に前回の模試を見直すように言われても、そもそも模試どこにやったったけ??

これでは偏差値は上がりません。

模試後のスピード採点と2日以内の解説授業、1週間以内のやり直し添削指導、間違いノートを作り次の模試の前で見直す

これでこそ偏差値があがるというものです。

6月から11月までの5か月間で5科偏差値5.9アップ、5科7.4アップ、5科13.4アップ、5科4.6アップ

8月から11月まで(夏から入塾)の5か月間でいずれも5教科5.4アップ、4.5アップ、3.9アップ、10アップ、3.3アップ、5.6アップ、5.6アップ

と、なるほど生徒さんの頑張りが最も大事ですが、やり方を工夫するとこんなにも偏差値もあがるのです。(ちなみに8月に当塾の正規生は中3、11人でしたので8月も当塾のみで頑張ったお子さんたちは全員が志望校1~2ランクアップの結果を得ていることになります。5科目でこれだけ伸びる塾はそんなにはないと自画自賛します(笑))

塾生のみんな、時々県模試がしんどかったり、解説授業も大変だけど、結果がでているので、この調子でがんばろうぜ!