昨日の投稿に関連して、音読と長文読解力も比例しますね、一見、口に出して読むのがうまいことと長文読解の得点力はあまり関係ないように思えるかもしれません。ですが、

ネイティブのように読もうと、またスラスラ読もうと意識していくことで、

①発音の知識が増え、結果つづりも覚えやすくなり

②何度もよむので、英単語が増強され、

③英文や英語の段落のパターンに慣れ、

④イントネーションや切り方に気を付けて読むことで、左から右に読む力がつき、英文の構造が無理なくとらえられるようになり、スピードが増す!

ざっとあげただけで、こんなに効果があります。

古来、日本人は漢文にしても西洋の学問にしても英語にしても音読で習得してきたのです。

学ぶことはまねぶこと(真似すること)ですから、ネイティブの発音・イントネーション・抑揚を目指して練習することで、遠回りですが、着実な英語力がつけられます!!(そういう点で発音自体がどうかも大事ですが、長文を読むときに美しく読めるかどうかも講師の力量を見る重要な視点ですね。)