よく高校生の英語で、あいまい・知らない単語を推測しなさい、といわれることがあります。

ところが、現実には、推測をできる局面にはなりません。

実は、ルー大柴さんのように、とりあえず知らない英語は知らない英語のまま、とりあえず日本語の中に訳してしまう、という過程を経て、日本語の文の中で推測するんです。

例えば、あえて簡単めな例をあげますと。The sight really terrified me.という英文でterrifiedがわからないとして「その光景が私をteriffyさせた。」とまで訳してあれ(the sight がSでterrifiedがVでmeがOとわかれば)ば、「私は怖くなった」という推測は働きます。

ところが、多くの生徒が、もう少し文が複雑になりますと、途端に思考停止に陥ります(さすがにこの例文ではあまり混乱しませんが、そのつもりでお読みください)。「その光景は本当であって私が、あれ??terrifiedってなんだっけ?まあ、いいか。単語知らなければわかるわけないもん。推測しろって言われるから推測するか、よし、じゃあ、その光景は本当であって、私がこの目で見たものである、と訳しておくか。」という具合です。ドンドン自家中毒というか、自分のでっちあげた英文によって本文からずれていきます。

ここで大切なものが、英文法と品詞です。これがきちんとしていないと、仮の日本文がそもそも作れませんから。なのに、現実には定期試験の勉強の内実は和訳の丸暗記に終始しています。

多くの生徒さんが、品詞を無視してでっちあげた和訳を書く、もしくはそもそも知らない単語があると泣きそうな顔をしてペンが進まないのは、このためです。

1まずは、訳してみて、2日本語の中で、勝負です。