私が何度も何度も読み返している愛読書のごく一部をご紹介します。小中学生のみなさんにはあまり関係なくてすいません。

心がゆったりします:斎藤一人先生「変な人の書いた成功法則」「変な人の書いた成功法則Ⅱ」

心があらわれます:北川八郎先生「無敵の経営」「繁栄の法則」

さわやかMAX:クロイワ ショウ「出稼げば大富豪」シリーズ

人間観・宗教がこの1冊に:ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

天才・秀才のメカニズムがわかる:苫米地英人「超『時間脳』で人生を10倍にする」

本質に従って経営を考える:山田昭男先生「日本一社員が幸せな会社のヘンなきまり」「日本一社員が幸せな会社のヘンなきまり2」

岩波文庫ですが、止まらなくなって一気読み:井筒俊彦先生「イスラーム文化」

やる気を出したいとき:福島孝徳先生「ラストホープ 福島孝徳」

塾人としてやる気を失いそうなとき:木下晴弘先生「涙の数だけ大きくなれる」

英語の勉強にやる気を出したいとき:薬袋善郎「思考力を磨く 英文精読講義」

医学部受験指導にエネルギーをもらいたいとき:日野原重明先生「医学するこころ」

もちろんほんの一部ですよ。まだまだありますんで、また紹介しまーす